TOEFL勉強法

スキマ時間に役立つTOEFL対策アプリを大紹介

TOEFL対策アプリ

電車内では多くの人がスマホでゲームやニュース、SNSなどを見ています。もしあなたがTOEFL対策で英語力のアップを目指しているなら、こうした隙間時間をTOEFL対策アプリで勉強することをおすすめします。

「語彙力が弱点なんだよね」、「リーディングはそうでもないけどヒアリングが…」といった悩みを持つ方も多いはず。でもご心配なく。それぞれの学習にきちんと対応すべく、リスニング、リーディング、スピーキング、語彙力など分野毎のTOEFL対策アプリもあります。

続きを読む

TOEFL受験対策の思いがけないコツ ~自宅学習編~

通勤時間は学習タイム

大学や大学院への海外留学を検討している方、海外で働くために海外留学を考えている方は、まずはTOEFL受験のことを知らなくてはいけません。

今ではTOEFL受験対策も様々です。本試験は全国各地でほぼ毎週実施されていますし、TOEFLの勉強方法も書籍やネット、英会話スクールなどで情報を得ることが可能です。

そこで今回はTOEFL試験を受験したことがある方にも、TOEFL受験を検討している方にも役立つ意外な自宅学習のポイントをご紹介していきます。

続きを読む

TOEFL受験対策の思いがけないコツ ~英会話力編~

スピーキングテスト

TOEFL受験はアメリカやカナダに留学される人が使用する「英語力の証明」だということは皆さんご存知だと思います。読む・聞く・書く・話すの4技能すべてを計るのがTOEFL。

中でも「スピーキング」に関しては身構えてしまう方も多いと思いますが、TOEFLを受験するにあたって、一体どの程度の英会話力が必要とされるのでしょうか?今回は、TOEFL受験対策と英会話力の関係性についてまとめてみました。

続きを読む

TOEFL受験対策の思いがけないコツ ~中級者編~

海外の大学・大学院

TOEFLの受験経験は何度もあるけど、いまいちスコアが伸びないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?受験者が目標値とするのは80~99点と言われており、だいたい80点程度でスコアが停滞する方が多いようです。

海外の大学や大学院が要求しているTOEFLスコアは大学によって異なりますが、例えばアイビーリーグ(世界屈指の名門私立大学8校の総称)だと平均101.5点とされているそうです。MBA留学を目指す場合のTOEFL iBTスコアは100点を取得することが必須。厳密に言うと105点以上取得できることが望ましいです。

それでは、いわゆるTOEFLスコア中級の方がスコア停滞傾向に陥った場合、どのようにスコアアップ対策していくのが良いのでしょうか?ここではスコア75点~90点前後のTOEFL中級者向けに対策をみていきたいと思います。

続きを読む

TOEFL受験対策の思いがけないコツ ~初心者編~

TOEFL初心者

この記事に辿り着いた方はアメリカ留学を目指している学生さんや、海外留学を考えている社会人の方、自主的に英語学習をしている方がほとんどだと思います。

日本でなじみのあるTOEICより、周りに受験者が少ないのがTOEFL。TOEFLを受験したいけれど、何から始めたらいいか分からない!という初心者の方も多いのではないでしょうか?

アメリカ留学に必須とされるTOEFLですが、英語力を証明するための武器として、ハイスコアを狙っていきたいですよね。ここではTOEFL受験をしたことがない初心者向けに、受験対策を説明していきます。

続きを読む

TOEFLリスニング対策はノートテイキングが肝心です

リスニング対策

約4時間という長丁場のTOEFL。リスニングセクションの割合は120満点中30点満点、時間は60分~90分を占めています。

リスニングセクションは大きく分けて、大学での会話(Conversation)、講義(Lecture)のやり取りの2種類が出題されます。ここではTOEFLリスニングの特徴と、攻略についてご説明していきたいと思います。

続きを読む

TOEFLライティング対策はパラグラフライティング力とアイディア力で決まります

TOEFLライティング対策

TOEFLのライティングは、基本的に2つのセクションから構成されています。1つ目は「Integrated task」と呼ばれ、ライティングのセクションで最も難しいと言われています。2つ目は「Independent task」と呼ばれ、自分の意見を文章として述べるセクションです。Independent task は、Integrated task と比べると比較的「書きやすい」タスクだと言われています。

続きを読む

TOEFLスピーキング対策はキーセンテンスと英語化がポイント

日常的に英会話

TOEFLのスピーキングは全部で約20分と最も短いセクションですが、どうしてもスピーキングが苦手!という受験者の方も多いのではないでしょうか。

日本の英語教育においては、スピーキングよりもリーディングやライティング、英単語や文法の強化学習が重んじられているため、私たちはスピーキング力に乏しいことに加え、いざ対策しよう!と思い立っても、その方法が分からず対策のしようがないと頭を抱えがちです。

続きを読む

TOEFLリーディング対策は生きた単語力と勇気がポイント

単語力

英語といえば英文法や単語力といわれ、「学校教育で文の構造から、文章を構成する単語の意味はもちろん、その役割までしっかり学んできました!」という方も多いのではないでしょうか。

この感覚は、日本人特有の英語を取り巻く感覚だと思います。ですから、私たち日本人の受験者にとって、英文法の力や単語力が問われる、TOEFLのReading「読む」セクションは、他のListening「聞く」、Speaking「話す」、Writing「書く」と比べると比較的点を取りやすいセクションであると言われています。

続きを読む