MyBestスコアはTOEFL受験をどう変えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
MyBestスコア

2019年8月1日からTOEFLテストに様々な変更が加えられました。テスト時間の短縮、設問の削減、そしてMyBestスコアの導入です。

ETS(Educational Testing Service)によれば、今回の簡略化、効率化によって、煩雑なテストを回避し、受験回数を減らすことが可能になると予想しています。

受験者にとっては非常にありがたいと思える新システムですが、はたしてどうでしょうか?

TOEFLの主な変更内容

テスト時間の短縮、設問の削減

各セクション(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)の設問数を少なくし、テスト時間が30分短縮されます。これまで4時間~4時間半と長丁場だったテスト時間が大幅に短くなることは、多くの受験者にとって朗報と言えるでしょう。

MyBestスコアの導入

詳細については後述しますが、MyBestスコアは過去2年間に受験したTOEFLの各セクションのベストスコアの組み合わせが自動表示される機能です。

さらに、受験者の申し込みプロセスを簡略化するため、申込方法と管理システムを新しくしました。

ETSはこれらの変更でTOEFLのシステムを全体的に強化し、TOEFL受験者と大学・大学院などの応募先教育機関の双方に好都合で、効率化・合理化を図ることができるとしています。

MyBestスコアとは

MyBestスコアはスーパースコアと呼ばれることもあり、TOEFL受験者が過去2年間で得た各セクションのベストスコアの組み合わせのことです。

2019年8月1日以降は、送信されるすべてのTOEFLスコアに、申請者が選択したテスト日のスコアとMyBestスコアの両方が表示されます。

つまり、TOEFL受験日の各セクションのスコアと、過去2年間のベストスコアの両方が自動的に表示されることになります。

MyBestスコアはETS Data Managerのスコアレポートで確認することができ、TOEFLスコアをペーパースコアレポートで受け取る場合にも、MyBestスコアが表示されます。

調査、研究に裏付けられた有効性

MyBestスコアは、受験者の各セクションの最高のパフォーマンスを確認するためのもので、ETSおよび外部の研究者の調査、研究によって確認された有効な指標です。

ETSのTOEFLプログラムのエグゼクティブディレクターであるSrikant Gopal氏によれば「受験者が複数回以上TOEFLを受けた場合、それぞれのセクションのベストのスコアを見る機関が増えている」とのことです。

同スコア関連の調査によると、単一のテスト日のスコアより、MyBestスコアを設定したほうが英語能力のパフォーマンスの、より有効な尺度になるということが確認されています。

受験者はMyBestスコアによって最高のパフォーマンスを発揮することができ、また採点する側の教育機関においては、英語能力の一定レベルの基準を満たす受験者をプールしておくことが安易になるのです。

MyBestスコアの採用は団体に委ねられる

MyBestスコアを採用するかどうかは、大学や大学院など出願先の各団体に委ねられています。

受験者側からするとベストスコアで申し込めるので、高い得点を提示できるというメリットがあります。一方、採点側からすると、ベストスコアをそのまま受け入れるということは、得点のレベルは全体に上がる反面、対採点レベルでの英語能力が下がってしまうという懸念があります。

ということは、厳格な審査をする大学や大学院などはMyBestスコアを採用するところは少ないということが考えられます。実際、MyBestスコアを出願スコアとして受け入れない、採用しないという大学や大学院はすでに多くあります。

海外の大学・大学院

MyBestスコア導入後の対策は

設問数の削減、テスト時間の短縮、ベストスコアが提示できるようになるなど、TOEFL受験者側からすると良いことばかりのように思える今回のシステム変更ですが、安心ばかりはしていられません。

誰かにとってはメリットで誰かにとってはデメリットになるということではなく、全ての人に同じ条件で適用されるのものだからです。

皆が受験しやすくなるということは、それだけ平均点が底上げされることになり、結局のところ全体の競争率に大きな変化はないと思われます。

ただ、今後TOEFLを受験するにあたって、戦略的に活用できる場面も出てくることも考えられます。

例えば、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングのうち、今回は苦手なリスニングとスピーキングに集中してスコアアップを狙う等が考えられます。

まとめ

TOEFLの受験者にとっても、出願先の大学や大学院などの教育機関にとっても、双方に好都合になることを目指す今回のシステム変更。

煩雑だったテストを簡略化してテストを受けやすくなっただけでも受験者側には一安心と言えます。ただし、受験しやすくなる分、全体的なレベルアップも考えられるため安心ばかりはしてはいられません。

希望する大学や大学院がMyBestスコアに対応しているか確認した上で、自分なりの戦略を立てて今後の受験対策を考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。