TOEFLの勉強に欠かせないテキスト・問題集・参考書のかしこい買い方選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
TOEFLの勉強

TOEFLに限らず、英語の勉強には参考書や問題集が欠かせません。多くの方がZ会等のTOEFL対策の通信講座やベルリッツのような英会話教室に通っていると思いますが、それらの教材にプラスして自分に合ったものが見つかれば、スコアアップが狙えます。

TOEFLでスコアアップを狙うには、当然ですがTOEFL対策の教材は必須。そこで今回はTOEFLの勉強に欠かせないテキストや問題集、参考書の選び方を考えてみたいと思います。

1.やっぱりTOEFL公式教材

CIEEのホームページで公式テキストや問題集を購入できます。迷ったら、まずは公式から選ぶといいでしょう。公式なので割引等は無さそうなイメージですが、クーポンやセット購入割引、団体購入割引もあるので一度ホームページを覗いてみましょう。

目標スコア61、80、100に合わせた勉強法や教材も確認できます。送料無料なのも嬉しいですよね。

2.通販の王者Amazon

誰もが知っているAmazonで「TOEFL」で検索すると、売れ筋教材には「ベストセラー」のタグが貼られています。さすがAmazon、TOEFL関連の書籍を4,000以上揃えていますが、みんなに人気のベストセラー教材を選べば間違いなし。

価格やレビューの評価、出版年月等で並び替えもできるので、じっくり吟味してみては?すぐに届くのもAmazonならではの強みです。

3.倹約派は中古をゲット

できるだけお金をかけずに教材を揃えたいということであれば、ブックオフのような古本屋さんやメルカリを代表するフリマアプリを覗いてみましょう。

中古の教材には、いろいろ書き込んであるものもあると思いますが、それが意外に役立つことも。古本屋の場合はじっくり手に取って選べます。フリマアプリは手に取ることはできませんが、出品者にいろいろ質問したり値切ったり、楽しみながら選べるのは良いですね。

4.個人ブログも参考に

Googleで「TOEFL 参考書」「TOEFL 勉強法」等で調べると、個人のブログもちらほら検索結果に見かけます。2ページ目、3ページ目と確認していきましょう。

ただ、アフィリエイト目的だけのブログということも考えられます。ちゃんとTOEFLの勉強をしてきた人なのか、いくつか記事を読んでみると安心です。

まとめ

「TOEFLの勉強に欠かせないテキスト・問題集・参考書のかしこい買い方選び方」いかがでしたか?TOEFLの教材は一冊だけで足りるわけはありません。リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングに加えて、単語帳の5種は最低限必要です。

どれも決して安くはありませんので、かしこい選び方・買い方を心がけ、自分に合った教材に出会う努力をしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。