TOEFLとTOEICの違いを知って正しく攻略しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
toeic

国内には様々な英語検定がありますが、なかでもよく聞かれるのがTOEFLとTOEICですね。

ひと昔前、例えば社会人になりたての頃は何も言われなかったのに、海外資本になった、業務が拡大した、実務で使う訳ではないけれど英語検定の受験が必須となった等、いよいよ英語に真剣に取り組まなければ・・・という方も多いのではないでしょうか?スコアが基準値を下回ったら減給なんて企業もあるようです。

そこで今回は、これから勉強を始める方や、さらに英語力をアップさせたい方に向けて、あらためてTOEFLとTOEICの特徴・両者の違いをご紹介したいと思います。

TOEFLとはどんなもの?

TOEFLは「Test of English as a Foreign Language」の略称で、英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストです。

アメリカ非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

大学入学レベルのTOEFLテストには、TOEFL iBTテスト(TOEFL Internet-based Test)と改訂版TOEFLペーパー版テスト(The revised TOEFL Paper-delivered Test)がありますが、日本で実施されているのはTOEFL iBTテストです。

TOEFLは世界中の英語検定テストの中で、幅広い国々で受け入れられているテストです。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学をはじめとした、130カ国10,000以上の機関が、TOEFLのスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しており、世界中でこれまでに約3,500万人以上が受験しています。

TOEFLの内容は、学問的でアカデミックなものが中心で難易度は高めです。日本では教育機関等での学内単位認定や、入試優遇、海外派遣選考の目安として利用されています。年に数回しか受験できないこともあり、多くの人は本番のTOEFL受験を想定して、TOEFL模試を受講しています。

TOEFL

TOEICとはどんなもの?

TOEICテストは、「Test of English for International Communication」の略称で、英語によるコミュニケーション能力を測る世界共通の試験です。TOEFLと同様、アメリカの非営利団体Educational Testing Service(ETS)によって開発・制作されています。

なかでもLintening and Reading Test(L&R TEST)は、日本では就職活動や国内企業の昇進要件とされるなど、主にビジネスシーンでの実践的な英語力を測る目安として活用されており、年間約250万人が受験しています。(2017年統計)

TOEIC L&R TESTに出題される英文は、オフィスでの会話やプレゼンテーション、Eメールのやり取りといったビジネスシーンや日常生活に関連する素材が中心で、高度な知識を要する問題は出題されません。外国語として英語を学ぶ人にとっては取り組みやすいものであると言えます。

TOEFLとTOEICの違い1 〜テスト内容が違う〜

TOEFLとTOEICの概要をご紹介したところで、両者がどのように異なるのかお伝えしましょう。

どちらも英語による実践的なコミュニケーション能力が測るテストではあるのですが、大きな違いはどんな場面で英語を使うことを想定しているかです。

TOEFLは海外の大学に進学・留学したい人向け

TOEFLは、主に留学中の講義や学内を想定した内容となっており、アメリカやイギリス、オーストラリアなどの教育機関において入学・卒業の基準として用いられています。先述した通り学問的でアカデミックな内容となっているため、ネイティブでも一定の知識や教養がなければ理解できない問題もあります。

以上のことからTOEFLは、海外の大学に進学・留学して専門知識を身に着けたいという方に向いている試験と言えるでしょう。

TOEICはビジネスシーンで英語を活用したい人向け

一方、TOEICは主にビジネスシーンを想定したテスト内容となっています。そのため日本では、英語能力を重視する外資系企業や大手企業の海外事業部で、TOEICスコアの提出を求められることが多くなっています。

TOEICは社内で英語の会議がある、英語でプレゼンをする、海外企業との商談を成功させたいという方に向いている試験と言えるでしょう。

TOEFLとTOEIC違い2 〜テスト形式が違う〜

想定されるシチュエーションが違えば、英語力の測り方も異なります。TOEFLとTOEICでは、試験の形式が大きく異なるのです。

TOEFLはパソコンを用いて行われます。ヘッドセットを装着し、スピーキングではそのマイクに向かって喋って録音するというもの。日本の学校教育で一般的な、机に向かって手を動かして・・・という形式ではないため、独特だと感じる方も多いのではないでしょうか?

一方、TOEICはマークシート方式*1です。当日は、会場に集まった受験者全員で一斉に試験をスタートし、音声を聴いたり問題用紙を読んだりして解答します。会場によっては、音響設備などに多少影響を受ける可能性もあります。

*1一部の試験(TOEIC/SW)はパソコンで行われます

TOEFLとTOEICの違いまとめ

TOEFL:「大学」で使用する英語力を測り、「パソコンに向かってヘッドセット」で解答するテスト
TOEIC:「ビジネス」で使用する英語力を測り、「机に向かってマークシート」で解答するテスト

今回は、TOEFLとTOEICそれぞれの特徴や両者の違いをご紹介しました。英語検定は取得して終わりでなく実践で使えるかどうかが重要です。ご自身の目的に沿って、今後の学習の参考にしていただけたら幸いです。

そして、どちらにも言えることですが、独学で学んでいきなり本番に挑戦するよりも、力試しや時間配分のコツを掴むために模擬試験を受けておくことを強くオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。